HOME >

受付時間と診療内容

平田接骨院の受付時間は以下の通りです。
お問い合わせ ℡ 082-439-1920

 

◆祝祭日は午前中診療しています。

◆仕事や部活動などで帰宅が遅い方や、早い方はお気軽にご相談ください。下記時間以外でも調整させていただきます。

◆また、院内にはキッズスペースも設置しており、小さいお子様連れでも、できるかぎり対応します。

平田接骨院の受付時間
「健康保険適用」「自賠責保険適用」「労働災害指定」

受付時間 土・祝
休み
休み 休み

◆休診日:土曜祝祭日午後・日曜日

最近よくある相談 Q&A

Q1.接骨院ってどんなところですか?
A1.日常生活やスポ津活動などで骨、筋肉、関節などの怪我や痛みに対して手技療法、運動療法や物理療法を用いて施術を行うところです。接骨院は、病院・医院と同じように健康保険で通院することができます。

Q2.ケガをして治療中ですが、どうしても試合(スポーツ大会)に出場しなければなりません。このまま出場するのは不安です。どうしたらいいですか?
A2.スポーツ大会などの出場で、テーピング固定などが必要な患者さんには、大会当日の早朝、または夜間に対応させていただいております。お気軽にご相談ください。

Q3.骨折したかもしれません。接骨院で診てもらえるのでしょうか?
A3.まずは骨折の有無を外見上判断させていただかなくてはなりません。骨折の疑いがあれば、提携している病院に画像を撮りに行っていただきます。その後、当院にて治療を継続しながら、必要であれば定期的に病院にも通院という形をとらせていただいています。

予約について

予約は随時受け付けています。予約受付電話 ℡ 082-439-1920

往診について

痛みが強くて来院できない方、身体が不自由等で来院できない方には往診を行います。ご相談ください。お問い合わせ℡ 082-439-1920

急患の対応について

診療時間外の急なケガ・症状にも24時間対応します。まずはお電話ください。℡ 082-439-1920

診療科目および診療内容

接骨・整骨(柔道整復)
低周波、干渉波低周波、微弱電流、冷却・温熱療法、超音波

骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れ)・スポーツ外傷
交通事故・スポーツでおこる痛み・スポーツ障害・突き指・むち打ち症・寝ちがい・ぎっくり腰等

 

NEW! 微弱電流治療器エレサス  地域初導入!

痛みの改善と筋弛緩に高い治療効果が期待できるよう、 出力電流の波形にも着目し研究と改良を重ねた治療器です。痛みの原因となる生体組織へ電気的なアプローチをすることで、効果的に 体内の自己治癒能力を引き出しながら痛みの改善と緩和、そして症状の 改善を促します。

ダウンロード

アキュスコープ

治療をしたのに、痛みが全く緩和しない・・・という経験はありませんか?
当接骨院で採用しているアキュスコープは、独自のシステム「相互会話」を採用しており、全ての患者様のどのような痛みでも、状態を的確に読み取り、適切な処置を施します。
同じ部位で同じ程度に見えるような痛みでも、実は以前のものとは原因が違っていたり、その痛みのもとはさまざまです。
当院ではこの治療機器としっかりしたヒアリングを行い、痛みの根本原因を追求、解消していきます。
どこに行ってもなかなか治らなかったしつこい痛みがある方は、ぜひ当院までお越しください。

保険施術料の目安

◆初診料:
2000円程度(健康保険3割負担の場合)

衛生材料費等を含みます。

◆2回目以降:
施術箇所の増減が無ければ初診料の約半分程度です。

自由診療 内容

筋肉痛・腰痛・肩こり・首痛・膝痛・肩痛・各関節痛
五十肩・手足のしびれ・腱しょう炎・偏頭痛・変形性関節症等

自由診療料の内容

◆初診料:
2800円~

部位の状態によって価格は異なります

◆2回目以降:
1600円~

お問い合わせ

平田接骨院 お問い合わせ ℡ 082-439-1920
東広島市高屋町杵原1073-1
県道194号線沿い、近大工学部広島キャンパス入り口近く
宮迫鍼灸接骨院 全景

院内の紹介

平田接骨院では患者さんが帰る際に「笑顔」になっていただけるように施術させていただいています。

施術や施術中の会話は当然として、清潔な治療所というのも私たちが心がけている点です。

すこしお辛いからだの事情や痛みのある患者さんの痛みを和らげ、来たときよりも「笑顔」で帰っていただくのが平田接骨院の使命と考えています。

また、現在3人を子育て進行中ということもあり、小さいお子様連れでも安心して来院していただけるようにキッズスペースを設置するなど心を配って参ります。

お気づきになった点などがありましたら、どんどんご意見くださいね。

それでは平田接骨院、まだお越しいただいたことがない方にもわかるように丁寧に紹介していきます。
平田接骨院では駐車場は広めに取ってありますのでいつ来院されても駐車スペースは大丈夫です
院長.gif

自動ドアにお進みください。玄関入り口までは階段とは別途スロープもご用意しています。
院長.gif

平田接骨院の入り口が開けると、待合室と受付です。スリッパを履いて受付へ。
院長.gif
待合室のもう1つの椅子とその後ろは待合室にあるキッズスペースです。
院長.gif

待合室にあるトイレ
患者さんがいつもキレイに使ってくださるのでピッカピカです。
院長.gif

待合室にあるキッズスペース
院長.gif

名前をお呼びしたらベットにお進みください。
中はスッキリ、広めのスペースをとってあります。
院長.gif

治療中はカーテンで仕切りますのでプライバシーも安心です。
院長.gif

平田接骨院のモットーは

「いつでも、どこでも、臨機応変、誠心誠意」

患者さんの立場に立って治療をさせていただいております。どうぞ身体のこと、ケガのこと、テーピングやケガの予防のことなどなんでもご相談ください。

高屋町の平田接骨院 オレンジの看板が目印です
東広島市高屋町杵原1073-1
お電話082-439-1920
普通自動車10台以上が停められる駐車スペースがあります

院長プロフィール

院長.gif
はじめまして、平成19年7月より東広島市高屋町で平田接骨院を開業しています院長の平田健一郎です。

私、平田(通称健ちゃん)は昭和54年(1979年)生まれ、広島県庄原市の出身です。島根県松江市の開星高校を卒業後、日本体育大学に進学しました。

写真を見ていただいて何のスポーツをしていたかわかりますか?

質問した10人に5人以上は私がやっていたスポーツの種目を当てます。

???なんでしょう?

はい、答えは「柔道」です!

やっぱりですか? それとも・・・でしょうか。自分としてはあまり柔道っぽい顔をしていないと自負しているのですが、周りからはそう見られず苦笑してしまいます。

私は小学校3年生より柔道を志し、高校時代、引き続いて日本体育大学に進学後も柔道を続けながら、日体柔整専門学校に通いました。

昔風に言うと「併学」? 今風にいうと「ダブルスクール」ですか。

なぜ「ダブルスクール」をしたのかとよく聞かれるのですが、実は高校時代から腰のケガ、いわゆる「腰椎分離症(ようついぶんりしょう)」と診断され、腰の痛みに苦しんでいたのです。

(さらに…)

交通事故の被害にあったら

1. 交通事故でケガをしてしまいました、治療可能ですか?
A.交通事故によるケガも対応可能です。 接・整骨院でも問題なく施術が受けられます。 ただし交通事故による施術は健康保険ではなく自賠責保険(自動車賠償責任保険)の取り扱いが原則です。 損害保険の担当者に接・整骨院に通院したい旨をお伝え下さい。 その後、担当者より接骨院に連絡が入り次第すぐに施術を受けられます。
2. 保険会社に交通事故のケガは接・整骨院では治療をすることができないと言われたのですが。
A.まれに保険会社の担当者が「接骨院では治療がうけられない」と言う場合があると聞きますが、そんなことはありません。 もし、そのようなことがあれば、接骨院にお問い合わせ下さい。
3. 交通事故で病院に通院中ですが転院したいのですができますか?
A.保険会社の担当者の方に「平田接骨院に通いたい」と言って接骨院の電話番号を言っていただければ可能です。(患者さんは治療する医療機関を自由に選択できる権利を持っています。) また自動車賠償責任保険の場合は、整形外科等の医療機関と接骨院を同時に通院することも可能です。
4. 保険会社との症状に関する連絡や話はどのように進めていけば良いでしょうか?
A. 交通事故の場合、一般的には相手の保険会社の担当者と交渉します。担当者から連絡があると思います。ご自身が加入している傷害保険等であれば、ご自身でご連絡下さい。 なお、自動車賠償責任保険での施術の場合、接骨院受診の際は、施術証明書を保険会社に交付して、詳細な症状や状態を記載しています。
5. 後遺症の申請、認定って何ですか?
A.後遺症とは、急性期症状が治癒した後も、なお残ってしまった機能障害や神経症状などの症状や障害のことを言います。そして後遺障害とは、後遺症が存在しかつ、交通事故によって受傷した精神的・肉体的な傷害(ケガ)が 将来においても回復の見込めない状態となり、 交通事故とその症状固定状態との間に相当因果関係(確かな関連性・整合性)が認められ、 その存在が医学的に認められる(説明できる)もので、 労働能力の低下や喪失を伴うもので、その程度が自賠法施行令の等級に該当するものです。 つまり、交通事故で受けたケガがある一定の所までしか、回復せず、将来仕事もできない、或いは以前のようには働けない状態になったことを申請して、後遺障害の程度により等級を認定することです。

こどもの時間vol .7

~3歳だってチビママちゃん~

3歳と10カ月の娘のお話。

普段は昼休憩のうちに子供達の夕食を作り置きしていて、お腹が空いたと言い出した時にはよそうだけで済むようにしています。

それでも、よそう事も出来ない状況の時もあります。

先日がその時でした。

「お鍋にシオノの好きなのが入ってる~食べた~い!お腹空いた~!」

でも、手が離せない状況だったので

「ちょっと待ってて」

というと、

「シオノが自分でやる!」

といって嬉しそうに台所へ。

すご~く不安でしたが、やむを得ず任せてみました。

それからしばらくして、

「ちゃんとシオノ出来たよ!お鍋からお皿に入れれたよ!牛乳も冷蔵庫から出してコップに入れれたよ!ちょっとしかこぼしてない!」

なんとか食べれた様子。しかも

「お兄ちゃんがお腹が空いたっていうからシオノが準備してあげたの!ご飯を入れてお鍋のも入れたの。」

・・・台所は大丈夫か?と思いましたが仕方ない。どうなっていても怒るまいと心に誓い、様子を見に行きました。

すると、1滴2滴垂れているくらいで食器の後片づけもバッチリ。

今まで出来ないと思っていたので、任せるなんてしていませんでした。

これからは不安もあるけど、思い切って任せる事もしてみようと思いました。

 

 

 

 

こどもの時間vol .8

~三人兄妹になりました~

普段の不摂生がたたりまして、多くの方に後期まで妊婦と気付かれず、3人目を無事に出産。

男6歳女4歳男0歳の三児のママとなりました。

正直、出産まで3人目は不安だらけ。

仕事の復帰も産後2ヶ月後だし、下の子の赤ちゃん返りも心配だし・・・

と思っていたら、無条件で可愛い!

「3人目って孫のようにかわいいよ~」なんて聞いていたけど、本当でした!

気持ちに余裕が生まれるのかな?

赤ちゃんが泣いていてもピリピリしない。

上の二人も今まで以上に可愛く思えてくる。

不思議ですね~。こんな気持ちにさせてくれた赤ちゃんに感謝です。

体力も経済的にも厳しくなってきますが、

それ以上に親を幸せにしてくれる。

3人目どうしよう、と悩んでる方がいたら是非産んでくださいね☆

 

♪平田家仲間入り♪

7月11日生 千晴(ちはる)二男

抱っこ大好き、誰にでも抱っこされて愛想ふりまくり中!

 

 

 

 

 

 

 

こどもの時間vol .9

~世代を超えて愛される歌~

上の子供たちは保育所へ通っているのですが、いつも車の中で音楽を聴いています。冬になるとなんとなく広瀬香美が聴きたくなり、1枚目のアルバムで1998年に発売の “Love Winters”を流していました。子供たちも好きな歌がいくつかあるようで何番目が何の曲、と覚えるのも早くて歌いながらいつも聴いていました。

そんなある日、TVで広瀬香美が出演!しかもいつも聴いてる“Love Winters”を何曲か歌ってくれる! これは子供たちが喜ぶぞ~と録画して見せました。案の定、子供たちはノリノリで歌っていました。

次の日。

いつものように朝、車へ乗り込み曲が流れると、長男が「僕、びっくりした。綺麗なお姉ちゃんだと思ってたのに・・・」 その衝撃はきっと広瀬香美がTVに初登場した時に私が受けた衝撃と同じだったに違いない。 しかも息子が聴いてるのは17年も前の声だし。(ファンの方、ごめんなさい)

話は年齢の事になり、広瀬香美もおばさんになったけど、お母さんだっておばさんになったしね~なんて話していたら 「お母さんは広瀬香美と同じくらいだけど、ちょっと可愛いよ」 息子よ、気を遣ってくれてありがとう・・・。

こどもの時間vol.10

~プチパパ&プチママ~

今年から上の子は小学生、真ん中の子は年中になりました。

今まで以上に自分の事は自分で出来るようになり、一番チビのお世話も積極的に手伝ってくれます。

チビも1歳を過ぎてからは、おもちゃを出して投げてはお兄ちゃん達に片づけさせ、顔を叩いてはお姉ちゃんを泣かせるという暴君ぶり。

それでもお兄ちゃんは「千晴が生まれてきてくれたことが今までの中で一番嬉しかった事」と言ってくれたり、

チビが生まれた当初は「妹が欲しかったのに」とぼやいていたお姉ちゃんは「千晴が弟で良かった」と言ってくれます。

時々、お風呂も三人で入ると言って服を脱がしてくれて、体も頭も洗ってくれています。

私は一切任せてお風呂場から少々泣き声が聞こえても知らんぷり。

いつの間にかキャーキャー楽しそうな声が聞こえてきます。

「千晴が出るよ~」の声でバスタオル片手に迎えにいくと千晴もニコニコ。

お兄ちゃん達のプチパパママぶりも板についてきたかな?

 

 

 

 

こどもの時間vol.11

~恐るべし、アデノウィルス~

5月に入り元気いっぱいだった子供たちに異変が!

まずは長女。前日まで歩けなくなるまで散々遊び、保育所へ行くとお昼に呼び出しが・・・。先生に「アデノが流行っています」と聞いたので夕方、病院に連れていきアデノ検査をしてもらったところ、陽性反応。知らなかったのですが、症状は3~5日間高熱が出たり下がったりするとのこと。よく耳にはしていたけれど、平田家で初のアデノ感染者!様子はというと、38.5℃の熱が出たり下がったり。関節や頭が痛いというけれど、ご飯も食べれるし、熱が無いときは嘘でしょ?ってくらい元気。お喋りが止まらない長女も熱が出ている時だけは静かで本当わかりやすい。そうかと思えば夜中に何度も目が覚めては「お布団が怖い、天井が怖い」と大泣き。熱のせいで情緒不安なのかな?そんな長女の3日間で熱も出なくなりそこから2日間はビデオ三昧。ようやく保育所登園したかと思えば・・・。

次に長男。柔道教室に送り、仕事をしていたらお友達のお母さんから呼び出しの電話が・・・。みるみるうちに熱が上がりぐったり。家に帰ると39度超え。とりあえず赤ちゃん用の座薬を入れて寝かせると、朝にはスッキリ。でもこのタイミングで熱は怪しいので学校は休ませて様子を見ることに。やっぱり昼になると発熱して寝ていたはずの大泣きながら「おあかさ~ん、ごめんなさい」と目の焦点も合わない息子に謝られる私。寝かしつけたと思ったら・・・。

最後はやっぱり次男。四月から保育所に入っていたのですが呼び出しが・・・。迎えの前に病院を予約して準備万端でお迎えへ。やっぱり二人とも陽性反応。泣いたり甘えたりぐったりしたりながらきっちり3日で熱は下がって+2日を遊んで過ごしていました。次男に至っては、1週間ぶりに会う人たちに「大きくなった?太った?」と聞かれる始末。家に一日中いるとおやつ食べ放題でいけません。保育所サマサマです。

お母さん、お父さん、感染症には看護する側も気を付けましょう。うっかり大人がかかるとものすごい辛いらしいですよ!

こどもの時間 vo.12

~おたふく風邪3兄弟~

まず3番目(2歳児)がかかり、高熱とともに両方の顎が腫れてパンパン。

まるで某グルメレポーター(「〇〇の宝石箱や~」っていう人)のような顔に...。

3日間高熱と解熱剤投与の繰り返し。4日目からは元気になりました。

それから、きっちり2週間後には長男(2年生)が発症。

片方だけが大きく腫れました。

次の日には長女(年長)が発症。

1日ずれて2日目には両方腫れてパンパン。

二人とも揃って1週間学校と保育所をお休みし、高熱と解熱剤を繰り返し、

解熱剤が切れると顎も耳が痛いと泣きわめく。

4日目からは元気いっぱいで部屋で遊べるようになりました。

もうこれでおたふく風邪にはかからないと思うと安心出来る反面、

あの顔がもう2度と見れないと思うとちょっと寂しい。

 

NASTU製オーダーメイドインソール作成開始しました

完全オーダー制

マイインソールを取り扱っています。

捻挫ぐせ・偏平足・外反母趾・O脚X脚・巻き爪などの改善。

姿勢を補正に役立ちます。

ぜひご利用ください。

こどもの時間 vol.2

~こども達のお盆休み~

お墓参りの為、お盆に家族で夫の実家へ帰りました。

「ジジ(義父)のお家で5回寝るからね。途中でママ達はお仕事があるから先に帰るけどシオちゃんと従妹と3人で寝るんだよ。」
とアサ君に言い聞かせていました。

私達が帰っても楽しく過ごしていた4回目のお泊りの夜。

電話をしてみると夏祭りから帰った所でした。

アサ君は大声コンテストで敢闘賞を貰ったようで上機嫌の様子。
(賞品はJA『ひろしまのレモン水』1ケース!豪華でしょ?)

ちょっと寂しくなり、

「ちょっとアサ君に代わってもらえる?」
・・・・・。

・・・あれ?

「代わりたくないって・・・」というお義母さん。

ガックリ。気を取り直して

「じゃ、シオちゃんに代わってくれる?」

・・・・・。

・・・まさか?

「首を横に振ってる・・・」というお義母さん。

最初から5回寝るって言ったし。まだ4回目だし。
でも、そうやって子供は親から離れていくのかなと、その夜は少し寂しい気持ちを抱えて寝ました。

翌日、5回目のお泊りの夜。

どうせ今日も帰って来ないだろうな、とビールを飲んでいたら
「アサ君が大泣きしているから今から連れていく」との事。

時計を見ると、もう22時半。

お昼寝をしなかった夜には、極端に機嫌が悪くなるお決まりのパターンです。

いつもなら中間地点で合流するはずが、既に夫婦ともに飲酒・・・油断していました。

そう、嫁としても最悪な事態に。

1時間以上かけて二人を連れて来てくれたお義父さん達は、そのままUターン・・・。

ごめんなさい、としか言いようがありません・・・猛反省。

こどもの時間 vol.6

~トイレトレーニング長女の場合~

 

1歳から自分でトイレによじ登りおしっこの真似を見せてくれていました。

2歳になる頃には昼間はパンツで過ごせるように。

3歳前から夜の失敗も少なく、

「この子は早くおむつ外れるのかな!?」

と期待していました。

いつの間にか3歳5カ月。

夜は2日に1回は失敗・・・

こんなはずではなかったのになぁ・・・

それでも娘は失敗がない朝は

「これでお姉ちゃんになれるわ~!」

とすごく前向き。

気長に待つしかなさそうです・・・

 
 
 
平田接骨院は県道194号線沿い、近大工学部広島キャンパス入り口近く
お電話082-439-1920 東広島市高屋町杵原1073-1
 全景

1 / 212